文字サイズ
ホーム > かながわ政治大学校トピックス > 2013/4/13 14期第8回目の講義が行われました。

北朝鮮拉致問題から考える日本外交のあるべき姿

開催日:平成25年4月13日(土)
講 師:拉致問題担当大臣 古屋圭司 衆議院議員
テーマ:「北朝鮮拉致問題から考える日本外交のあるべき姿」

今回は、拉致問題担当大臣の「古屋圭司」衆議院議員に『北朝鮮拉致問題から考える日本外交のあるべき姿』と題してご講演頂きました。
講演では、政府の拉致問題に対する取組について、特に今までになかった取組として、第2次安倍内閣において拉致問題対策の「政府与野党連絡協議会」を設け、野党とも連携し、オールジャパンで拉致問題解決に向け取り組んでいることなどお話し頂きました。
受講生からは、「安倍総理の拉致問題解決に向けた思いが良く解った。早期解決に向け私達国民一人一人が意識を持つことが必要だ。」などの声がありました。

130417_1 130417_2

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。