文字サイズ
ホーム > かながわ政治大学校トピックス > 2013/6/8 14期第10回目の講義が行われました。

国際水準から見た日本の自国民保護政策と軍事組織のあり方

開催日:平成25年5月18日(水)
講 師:小川 和久氏
テーマ:「国際水準から見た日本の自国民保護政策と軍事組織のあり方」

6月8日(土)に14期の第10回目の正規講座が開催されました。講師には、軍事アナリストで、静岡県立大学特任教授の小川和久氏をお招きし、『国際水準から見た日本の自国民保護政策と軍事組織のあり方』という演題でご講演頂きました。
講演では、アルジェリア邦人人質事件を例に挙げ、現在の危機管理能力について話され、日本版NSCの創設に向けた取り組みなどを話されました。
受講生からは、「日本人の危機意識を変える必要があることを改めて感じました。」などの意見がありました。

130611_5130611_6

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。