文字サイズ

◇かながわ自民党メールマガジン◇ №0013

神奈川県議会5月臨時会が終わりました。
今日の本会議では、自民党の県議である新堀典彦議長と同じく堀江則之副議長の
辞任を受けて、新しい議長と副議長を選任することが主な議題でした。
選任までの段取りは次のとおりです。
①議長辞職届を副議長に提出。
②地方自治法により、選挙(投票)で選任することを承認。
③議員の中から4名の立会人を副議長が選任。
④投票用紙の配布。
⑤議会事務局長の点呼により議員全員が投票。
⑥書記により開票・集計。
⑦議会事務局長より結果報告。
⑧票数上位1名を当選者に決定。
今回の投票は、投票総数107票(全議員)、有効投票101票、無効投票6票という結果でした。
有効投票101票のうち96票の投票があった自民党の「牧島功」議員が、
神奈川県議会第98代議長に決まり、挨拶の後副議長に代わりその後の議事進行役となりました。
同じような段取りで田村政晴議員が副議長に決定いたしました。

実は…
№0009に掲載しました党の歌「われら」ですが、実は、青年部と女性局の歌もあるんです。
女性局の歌は「花のいのちを」という歌で、團伊玖磨(ダン・イクマ)さんの作詞作曲です。
青年部の歌は「大地の息吹き」といい作詞は清水みのるさん、作曲はあの近江敏郎さんです。
残念ながらホームページでは紹介していませんが、毎年発行される「自民党手帳」にはちゃんと
掲載されています。

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。