文字サイズ

◇かながわ自民党メールマガジン◇ №0003

◆県連ホームページの県連会長「河野太郎に聞く」への質問と河野太郎県連会長の
回答を今回も2つ分掲載します。

質問:永住外国人参政権付与に関する法案が国会でたびたび取り上げられ
議論されているが、この問題は日本の主権に関わる重要問題であり断固として
反対すべきだと思いますが、河野会長はこの点についてどのように考えている
でしょうか。

河野太郎:この日本という国を我々日本人と一緒になって支えていこうという
意思があれば、日本国籍をとって地方の選挙権だけでなく、国政での被選挙権まで
行使してもらいたいと思います。
国籍は要らないけれど地方の選挙権だけは欲しいというのは極めて中途半端な
考え方だと思います。

質問:自民党神奈川県連にも政治大学校という政治家育成所があるとは
思いますが、意義と使命というものはどのようなものでしょうか?
そして他の育成機関との違いはあるのでしょうか?

河野太郎:国政、神奈川県政そして神奈川県内の市町村の政治に真剣に取り組んで
いこうという人材を育てようというのがかながわ政治大学校の狙いです。
まだまだ手探りの運営ですが、新しい日本を一緒に創る人材を広く募集したいと
思います。

河野太郎会長への質問はここまで

実は…
人間忙しいと曜日の感覚がなくなっちゃうんだなーってことを体感しました。
今、4月3日の投票日に向けて横浜市旭区県議補欠選挙の準備で駆け回っていまして、
実は、今日を月曜日だと勘違いしておりました。
「メルマガ3号明日発行だなー」ってつい先ほどまで勘違いしていたんですよ。
でも、ちゃんと火曜日中に発行しましたよ。
だって、かながわ自民党は「ウソ」の嫌いな政党ですから! 管理者。

横浜市旭区県議会議員補欠選挙の情報はこちら

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。