文字サイズ

◇かながわ自民党メールマガジン◇ №0050

―リレーメッセージ―
県議会議員 山田文雄(小田原市選出・3期)http://www.yamadafumio.jp/
党県連:政務調査会地方行財政部会部会長、広報本部新聞局長
県議会:防災警察常任委員会委員長

今、神奈川県議会の自民党所属の県議は42名。
昨年、1人1台づつ、パソコンが配置された。1~3期生のほとんどが、このパソコンを使い
こなしているのに4期生以上になると使いこなしているのは数名しかいない。
私は3期生なのに全くといってよい程、この機械を動かせない。6期生以上になるとITという
言葉さえ、うまく言えず「アイテー」と発音する始末。
考えて見れば、私は携帯電話のメールさえ使い方を知らず動かせないのだから、ホトホト嫌になる。
しかし、わたしと同期であり、同い年の安藤博夫議員は県連のIT局長を務める。
彼は自己PR用の新聞などをいとも簡単に作る。その様子を見ていると腹が立ってくる、というより
悲しくなってしまう。「ヨーシ、あいつが出来るのなら俺だって!」と勇んで恐る恐るパソコンの
“蓋”を開けてみる。ところが、起動さえできない。何度かチャレンジした。その末、よく分かった
ことがある。自分ひとりでは動かせないことが。それどころか、スイッチを入れたはよいが、スイッ
チを切ることさえ出来ずにいるのだ。
今は、「パソコンは自分でやるものではなく、人にやらせるものだ」と強がっている。
「誰か、パソコン教えてくれ。俺も動かしたいヨー」考えてみれば、私は小さな会社の経営者。
社員は全員がパソコンを使って仕事をしているのに、社長がこれでは・・・。
私の会社も明日がないかも知れない。

―「横浜市青葉区市会補欠」「逗子市市議会議員」選挙―
3月26日投票にて行われる、青葉区市会議員補欠選挙と逗子市市議会議員選挙が行われます。
自民党は青葉区市会補選に「山下正人」氏を、逗子市市議選では「ました政次」「あみくら大介」両
市議を公認いたしました。目前に迫りました選挙戦に向けて、着々と準備を進めております。
◇山下正人
◇ました政次http://www.geocities.jp/hisagi_machan/index.html
◇あみくら大介http://www.amikuradaisuke.jp/

―学生部―
学生部第2期の第1回目となるイベント実行委員会を昨日(3月13日)行いました。

イベントの概要は、4月24日(月)参議院議員「橋本聖子」「荻原健司」という2人のオリンピック
メダリストをゲストとしてパネルディスカッションを行う予定です。詳細や参加申込みについては後日
ホームページにて公開いたします。
◇学生部http://kanagawa-jimin-gakusei.com/
◇橋本聖子http://www.seiko-hashimoto.com/
◇荻原健司http://www.team-ogiwara.net/

―かながわ政治大学校―
3月11日の一般社会人講座は「小池政行」外交評論家による「日本のアジア外交に求められるもの」
専門政治講座は、政治大学校を修了されている「斉藤たつや」(緑区)、「鈴木太郎」(戸塚区)、
「瀬之間康浩」(港南区)3名の市会議員により「横浜市政の方向性、指定都市のあり方」について講義
いただきました。
◇政治大学校http://www.kanagawa-jimin.jp/k-daigaku/index.html
◇斉藤たつやhttp://www.saitotatsuya.com/
◇鈴木太郎http://www.suzukitaro.com/
◇せのま康浩http://www.jiminyokohama.gr.jp/shikaigiin.html#senoma