文字サイズ

◇かながわ自民党メールマガジン◇ №0007

◆県連ホームページの県連会長「河野太郎に聞く」への質問と河野太郎県連会長の
回答を2つ分掲載します。

質問1:日本中に「議員」と名のつく人が多すぎるように感じます。
議員の「質」も大変重要だと思いますが、数についても問題があるように思います。
本当にこんなに必要なのでしょうか?

河野太郎:国政レベルでいえば、私は一院制で充分だと思います。
地方議会でいえば、国政と違い地方議会はいわば大統領制であり、議会の立法権が
重要な役割を果たすはずですが、行政から提案された議案審議に終始して
いるところがほとんどです。
議会の「質」の向上が地方分権には必須です。

質問2:竹島問題で質問です。本来日本の領土なのに韓国人が見張りをしているのは
何故でしょうか?
また、何で不法侵入として訴えないのですか?
何故、日本は自分の領土を侵されているのに、指をくわえて見ているだけ
なのでしょうか?

河野太郎:竹島問題よりもその他の日韓関係のほうが重要だからです。
二十一世紀の日本を考える時に、韓国とのFTAや対北朝鮮や対中国に関する
安全保障政策の一致という問題の方が重要です。

実は…
自民党のマークって知ってますか?
ホームページのトップページ左上に使っています、

自民党の国会議員でも知らない人が多いと思いますが、このマークに
名前があるんです!
実は「サン・キッズ」(Sun Kids)って言うんです。将来を担う子供たちが、
胸を張り、空を見上げ、平和で安心な生活を送れる日本を創っていける政党で
ありたいと願い、このマークを考えたそうです。

河野太郎かながわ自民党会長への質問はここまで
(政治的な質問じゃなくていいですよ)

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。