文字サイズ

◇かながわ自民党メールマガジン◇ №0075

―総裁選挙―
9月8日に告示される自民党総裁選挙の「候補者街頭演説会」が9日より各地で実施されます。
神奈川県内では、9月14日(木)午後5時より小田急本厚木駅北口にて開催されることが決定
されています。
総裁選挙のスケジュールは⇒http://www.jimin.jp/jimin/jimin/sousai06/schedule.html
総裁選挙ってそーなんだ!⇒http://www.kanagawa-jimin.jp/senkyo/20060628_qa.html

―リレーメッセージ―
保阪 努 県議会議員(横浜市栄区:4期)http://www.hosaka-tutomu.com/
党県連:広報本部長
県議会:議会運営委員長、環境農政常任委員会、安全安心・基地周辺等対策特別委員会

「目指せ、eco・eco21世紀 環境と経済の調和」
 eco即ちecologyとeco即ちeconomyの調和こそ、豊な21世紀へのキーワードであると私は考え
ています。
 戦後の荒廃から立ち直り、東京オリンピックへ向けて猛烈に経済成長の坂道を駆け登ってい
た私達の日本。経済大国という切符を手にした途端、取り返しのつかない程に、空気・水・土が
荒れ、環境が悪化し、これに合わせる様に人心が乱れ、犯罪が凶悪化し、非道な事件が多発し
ている。
 よもや、これ以上の親族間、友人間の殺人事件はもう御免である。
 21世紀こそ、教育を再考し、安心・安全の社会を実現しなければならない。その為に何と言っ
ても、一方的な考え方を排除し、eco・ecoの調和を図らなければならない。
・ 住んで良かった、この町
・ 通って良かった、この学校
・ 持って良かった、この友人
 そのうえで、元気な子供達のはしゃぎ声、優しい母の笑顔、逞しい父親の背中、そしておじい
ちゃん・おばあちゃんの知恵の働く家庭こそ、21世紀の日本の目指す姿ではないだろうか。
 その原点こそ、eco・eco(環境と経済)の調和であると私は考えています。

―青年局―
8月12日に行った”Beach Fes”の反省会を16日に行います。
今後も楽しいイベントやためになる勉強会などを開催していきます。
メンバー登録はホームページからお願いします!

―学生部―http://kanagawa-jimin-gakusei.com/
9月は定例会を16日に、勉強会を30日に開催します。
詳細は追って報告いたします。
学生部に登録いただければ勉強会やイベントなどの情報を直接お知らせいたします。
登録はホームページからお願いします!

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。