文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > かながわ自民党市町村議員協議会、ヨコスカでPark-PFIを学ぶ研修会を開催

 神奈川県内の自民党系市町村議員(政令市を除く)で構成する、かながわ自民党市町村議員協議会は、横浜や党本部などでの研修会のほかに、県内衆院選挙区を単位に持ち回りにて視察研修会を実施しており、11月11日に都市公園に民間の優良な投資を誘導し、公園管理者の財政負担を軽減しつつ、都市公園の質の向上・公園利用者の利便性向上を図るための、新たな整備管理手法である「Park-PFI」の研修を主な内容として横須賀市内で実施いたしました。
 当日は、地元牧島・竹内両県議に県連から土井幹事長と小島組織本部長が参加し、小泉環境大臣はリモートにて参加し、各市町より参加された議員を含め全体で60名ほどの参加者となりました。
 日程としては集合場所をJR横須賀駅とし、横須賀市役所のご担当部局の方々により、海に面したヴェルニー公園(ヴェルニー記念館)、次に横須賀芸術館、そして、どぶ板通りを、3つのグループに分け歩きながらご案内いただきました。
 座学として、市役所公園活用推進課倉林孝英課長より、Park—PFIに関する市の取組みとしてソレイユの丘を題材としてご説明・解説いただきました。
 参加した議員からは、自分の市でも公園設置事業を進めるときには積極的に組み入れていきたい、などの声があり、実践的であり実効的な研修となりました。
 今後も、かながわ自民党市町村議員協議会は、各議員が議会活動に資する研修を重ねるとともに、会員同士の交流を図り自民党議員の増強が果たせるよう努めてまいります。

かながわ自民党市町村議員協議会「ヨコスカでPark—PFIを学ぶ研修会」日程
14:40 集合 JR横須賀駅
14:45 ヴェルニー公園(コルセール前デッキエリア)にて概要説明
  ↓   徒歩研修「ヴェルニー公園 → 芸術劇場 → どぶ板通り → 平安閣」
16:15 Park-PFIに関する研修
       講演「いま求められる都市公園の役割」
       質疑応答
17:15 研修終了

島村大