文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > かながわ自民党市町村議員協議会「地域活性化研修会」開催

 神奈川県内の自民党市町村議員(政令市は除く)で構成する、かながわ自民党市町村議員協議会は、衆議院選挙区を単位とした持回り研修会を県下各地区で開催しており、今回は、神奈川16区、特に厚木市の自民党議員が中心となり、「地域活性化研修会」を2月12日に厚木市内において開催いたしました。
 冒頭、主催者であります本会会長「田辺昭人」横須賀市議が挨拶。また、県連から「土井隆典」幹事長、並びに「小島健一」組織本部長も来会され挨拶いただきました。
 今回の研修会講師には、(株)商店街ネットワーク代表取締役「安井潤一郎」元衆議院議員と、ご子息である、大隈通り商店会会長「安井浩和」氏を招き、キャッシュレス時代の到来を踏まえた地域活性化と題し、商店街を如何に元気に・活気あるものにするか、これまで商店会会長としての経験を活かし、商店街や地域の活性化に貢献している、空き店舗を活用したネット購入サポート拠点「つるかめショップ」の事業展開の紹介や、ネット販売・○○Payなど、実演を交えて解りやすくご紹介いただきました。後半には、地元16区「義家弘介」衆議院議員も駆けつけていただき、国会の動きなどお話しいただきました。
 今後も、かながわ自民党市町村議員協議会は、研修会や視察などの実施を進め、メンバー同志の交流促進や同士の増員を図ってまいります。

島村大