文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > かながわ自民党市町村議員協議会「電車でGO」街頭募金活動実施

神奈川県内の自民党系市町村議員で構成する、かながわ自民党市町村議員協議会は、電車路線別に乗降客の多い駅をチョイスして、「駅前での演説会」→「電車移動」→「駅前での演説会」を繰り返す『電車でGO!』を4月30日(土)に実施いたしました。
本来であれば、街頭政策演説会として自民党の政策を訴える街頭活動を実施するところでしたが、今回は、4月14日に発生した熊本大地震にて被災された方々を支援するため、被災地救援募金活動として、小田急線の「海老名駅」→「相模大野駅」→「中央林間駅」→「藤沢駅」において、県連女性局長「三原じゅん子」参議院議員もすべての駅に参加して熊本県大地震被災地救援募金を行いました。
各駅で実施した募金活動では、レジャーやお買物でお出かけ中の方々より多くの募金をお預かりいたしました。この募金は、5月中ごろに県連にて取りまとめ、被災地復興のために役立てていただくため、被災地へ直接お届けいたします。

今回お預かりした募金額
「海老名駅」:62,897円
「相模大野駅」:48,953円
「中央林間駅」:29,889円
「藤沢駅」:59,001円

 

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。