文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > かながわ自民党 市町村議員協議会が、「稲田朋美」党政調会長を講師に、政策研修会を開催

神奈川県内の自民党系市町村議員で構成する、かながわ自民党市町村議員協議会(会長:青木浩 茅ヶ崎市議)は、2月6日に統一地方前最後の研修会を、茅ヶ崎市民文化 会館にて、自民党の政務調査会長「稲田朋美」衆議院議員(福井1区)を講師として開催いたしました。

講演では、山積する課題・改革実行のための方策などについて、これまでの取り組みやこれから向かう方向などに関し質疑を含めて約60分の講演をいただきました。

当日は、県下各地から40名を超える自民党系市町村議員が参加し、また、開催地である神奈川15区「河野太郎」衆議院議員や、県連からも組織本部長「持田文男」県議をはじめ、広報本部長「森 正明」県議、本会を担当する副幹事長「佐藤 光」県議にも出席いただきました。

本協議会は、統一地方選後に役員の改選を迎えることから、総会の開催を決定し、また、政策遊説活動も積極的に実施していくことを確認いたしました。

かながわ自民党市町村議員協議会政策研修会

かながわ自民党市町村議員協議会政策研修会

かながわ自民党市町村議員協議会政策研修会

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。