文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > かながわ自民党 市町村議員協議会が勉強会を開催

かながわ自民党 市町村議員協議会は、平成25年2月8日に本年最初の勉強会をロイヤルホールヨコハマに於いて開催いたしました。
国歌・党歌の斉唱に引き続き、県連幹事長「竹内英明」県議会議長、参院党公認候補予定者「島村大」氏からの挨拶の後に、勉強会の第1部として、本協議会の会長である青木浩茅ヶ崎市議、並びに征木太郎茅ケ崎市議会議長から、議会改革の実例と住民投票の実態に関して研修を行いました。
第2部の勉強会には、経済産業大臣政務官に就任された「佐藤ゆかり」参議院議員を講師に、安倍総理が進めるアベノミクスや、これからの日本経済の見通し、近隣諸国や世界から見た日本経済などに関し「日本経済の行方」と題した45分間の講演をいただきました。講演後の質疑では、有権者に一番身近な政治家である市町村議員という立場からの質問が相次ぎました。
勉強会の後には、他の市町村の自民党議員同士の交流の場とするための懇親会も行い、最後には参加者全員で「自民党ガンバロー!」で締めくくりました。
今後も、勉強会や研修会を通じて自民党議員の増強を進めてまいります。
また、勉強会の前に開催した幹事会にて、街頭での演説会と県内施設の視察研修会の実施を決めました。

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。