文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > ネット選挙対策プロジェクトチームを設置

夏の参議院議員通常選挙からインターネットを活用した選挙運動が解禁されることを踏まえ、かながわ自民党では、全国の党都道府県連に先駆け「ネット選挙対策プロジェクトチーム」を設置し、6月24日に第1回会合を開催いたしまた。
PTメンバーには県連広報本部長「森正明」県議、また党本部ネットメディア局次長「福田峰之」衆議院議員を顧問とし、座長には県連IT局局長「敷田博昭」県議が就任、横浜・川崎市連の広報委員会の方々をはじめ、衆院選挙区ごとに選任された「ネット対策リーダー」を合わせ40名ほどの委員にてネット選挙運動への対応策を講じてまいります。

130624_4

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。