文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > 九州北部豪雨災害 被災地応援のための募金活動を実施

 7月5日から九州北部に降り続いた豪雨によって発生した、大きな災害にて犠牲になられた方、また、避難を余儀なくされている方々に心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
 今回の九州北部を襲った豪雨では、ごく短時間に大雨が降ったことにより、地滑り・崖崩れ、河川の氾濫、道路や鉄道の寸断による集落の孤立などが発生。連日、警察・消防・自衛隊ほか地域の方々による必死の救助や復旧作業が続けられていますが復旧の見通しは立っていません。不安な避難生活を続けている方が多くおられ、この先しばらくは不自由な生活を余儀なくされることは明らかです。
 そこで、かながわ自民党は、少しでも被災地復興の力になりたいと考え、九州北部豪雨災害被災地応援のための街頭募金活動を7月21日に、川崎駅と辻堂駅にて実施いたしました。
 ご通行中の方々からは「ご苦労さま。よろしくね」などと、被災地への募金とともに温かいお言葉もかけていただきました。
 皆様からお預かりしたお気持ちは、かながわ自民党が責任をもって被災地である福岡県・大分県に直接お届けいたします。

かながわ自民党が実施した「九州北部豪雨災害被災地応援のための募金活動」
 <日時>平成29年7月21日(金)16:30~18:30
 <場所>JR川崎駅、JR辻堂駅
 <お預かりした募金総額>272,796円

 

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。