文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > 国政調査会がとりまとめた自民党のこれまでの政策検証に関してシンポジウムを開催

県内の選挙区支部長で構成する国政調査会(会長:小此木八郎)は、「自民党は過去を反省しなければ前に進む事は出来ない」との思いから取りまとめを進めてきた、これまでの自民党政策の検証を、広く伝え・ご意見をうかがうための「政策検証シンポジウム」を4月23日午後6時半より横浜市青葉公会堂にて開催いたしました。
当日は、あいにくの天候にもかかわらず多くの方がご来場いただき、10項目の検証内容の説明の後に来場者よりご意見やご質問をいただきました。中には厳しいご意見もありましたが、自民党への期待がうかがえるご意見を多く寄せていただき、あらためて責任を痛感いたしました。頂戴したご意見は今後の政治活動に活かしてまいります。

このシンポジウムの模様はこちらでご覧いただけます。
http://www.ustream.tv/channel/jimintv

当日の出席者
3区:おこのぎ八郎
4区:山本ともひろ
5区:さかい学
7区:鈴木けいすけ
8区:ふくだ峰之
9区:中山のりひろ
17区:牧島かれん
18区:やまぎわ大志郎

 

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。