文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > 女性議員局が子育て支援に関した視察研修会Ⅳを実施

神奈川県内の自民党所属女性地方議員で構成する、女性議員局(局長:小川久仁子県議)は、これまで、子育て支援政策に関して、県内における関連施設などの視察研修会を集中席に実施してまいりました。

1)平成28年10月20日、県内児童相談所の視察として「相模原児童相談所、県中央児童相談所」の視察研修会
2)平成28年11月11日、大磯町における子育て支援対策「大磯町子供支援センター」の視察研修会
3)平成28年11月22日、自然や芸術を多く取り入れた教育を実践する「シュタイナー学園」の視察研修会

そして、第4回目となる今回は、おとなり東京都の子育て支援策を研修するため、1月16日に「東京都子供家庭総合センター」を訪問し、東京都における子育て支援対策(児童虐待対策、貧困家庭対策)などについて、東京都児童相談センターの方から研修を受けることができました。
人口も予算規模も大きく違う自治体の施設とあって、センターの建物も職員の方々も配置も充実していましたが、当然ながら、対応件数も多く、まだまだ職員も足りない状況であり、職員の増員と育成が急務であることが、神奈川の状況と同じであることが訪問してみて良く理解できました。
これからも、県内外問わず多くの女性が関わる子育て関連の視察や研修を進めてまいります。

参加議員
小川久仁子(県議・横浜市高津区)
新井 絹世(県議・横浜市磯子区
高橋 徳美(市会・横浜市金沢区)
輿石 且子(市会・横浜市栄区)
伏見 幸枝(市会・横浜市戸塚区)
神田 眞弓(市議・三浦市)
角田 宏子(元横浜市会)

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。