文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > 市町村議員協議会が街頭活動を茅ヶ崎・平塚・伊勢原で実施

かながわ自民党市町村議員協議会(県内の政令市を除く自民党系市町村議員で構成)は、来年の統一地方選に向け、街頭で各自が掲げる政策を訴える機会を作るために、本協議会独自の街頭活動を6月29日の藤沢市内での遊説に引き続き、7月12日(土)に茅ヶ崎駅、平塚駅、伊勢原駅、愛甲石田駅にて実施いたしました。
当日は11:30からの茅ヶ崎駅北口での演説会をスタートに、14:00から平塚駅北口、16:00から伊勢原駅、そして16:45から愛甲石田駅にて街頭政策演説会を開催し、地域で抱える課題や今後の展望などに関して参加議員からそれぞれ演説いたしました。
市町村議員協議会では、今後も街頭活動をはじめ政策勉強会や研修会を積極的に実施して各議員の連携を深めてまいりたいと考えております。

参加議員
◆実施地区の議員
◇市議:茅ヶ崎市議「青木 浩、水島誠司」、平塚市議「臼井照人、野嵜信也、岩田耕平」、
伊勢原市議「小沼富夫、舘 大樹、萩原鉄也」
◇県議:「森 正明」平塚市、「佐藤 光」茅ヶ崎市、「渡辺紀之」伊勢原市
◇国会議員:「義家弘介」衆議院議員(16区)
◆他地区からの参加議員
「中澤克之」鎌倉市議、「松長泰幸」藤沢市議、「杉﨑隆之」寒川町議

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。