文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > 平成29年 自由民主党神奈川県支部連合会大会を開催

平成29年3月18日(土)、横浜市内におきまして「平成29年 自由民主党神奈川県支部連合会大会」を開催いたしました。この大会は昨年(平成28年)の活動報告や会計報告、そして、本年の活動方針(案)を主な議題として開催されるもので、今回は県下各地より900名を超える党員党友が集結しての開催となりました。
司会進行を、青年総局より「石川巧」県議、「田中信次」県議が務め、発災から6年が経過した東日本大震災、また昨年の熊本大地震など自然災害などにより技師となられた多くの方々に黙祷を捧げた後に、国歌・党歌の斉唱から大会がスタート。
主催者である県連会長「小此木八郎」衆議院議員の挨拶、横浜市連・川崎市連の代表者による挨拶に引き続き、友党公明党より県本部代表「上田 勇」衆議院議員から来賓祝辞をいただきました。
県連総務会長「国吉一夫」県議会議員を議長とし、副議長に「笹野寿美恵」女性局長代理とする議長団による議事進行。県連幹事長「竹内英明」県議会議員から党情報告・活動方針が提案され全会一致にて了承。引き続き、県連経理局長「磯本桂太郎」県議会議員より平成28年会計報告、そして「冨岡正子」県連会計監査より監査報告があり、了承となりました。
議事終了後は、県内56支部より上申された「優秀党員」の表彰。112名の優秀党員のお名前を読み上げ、横浜市港北区「鈴木光男」様、そして座間市「山本民子」様へ、全優秀党員の代表として県連会長より表彰状と記念品を贈呈いたしました。
大会のフィナーレは、既に決定している4月23日を投票日とする鎌倉市議会議員選挙における党公認候補予定者4名「伊藤倫邦」・横内宏明・森 功一・志田一宏」から決意表明、そして、県連青年総局長「芥川 薫」県議会議員の発声により『日本国そして自民党ガンバロー!』にて締めくくりました。
会場の外では、「ゆいっこ」さんによる岩手の産品販売、「あむえこねっと」さんによる仮設住宅のお母さん方が作成された編み物の販売も実施いたしました。また「福島をはじめとする被災地を忘れないための啓発」として、福島の特産品お取り寄せパンフや観光パンフレットとともに、「喜多方ラーメン」を参加者全員に一食ずつお配りいたしました。

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。