文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > 後継総裁選任に関し「党員投票の実施を求める要請書」を党本部へ提出

 8月28日の安倍晋三総裁が辞意を表明されたことを受け、後継の総裁を選任することとなりました。報道によれば、党本部はその選任方法に関しまして、任期満了時に実施する通常の総裁選挙ではなく、緊急を要する場合に実施できる両院議員総会にて選任する方法を選択する方向で検討されていることが明らかになりました。
 神奈川県連は、任期途中で総裁が欠けた場合であっても、原則的に党員投票を含む公選で選任するべきであることや、総裁選に票を投じられることは党員唯一の利点であること、また、開かれた党として党員の意見を聞くべきであるとの観点から「党本部に対し党員投票の実施を求める要請書」を8月31日に自民党本部二階俊博幹事長へ提出いたしました。

 

島村大