文字サイズ
ホーム > ニュース > 県連情報 > 新型コロナウイルス感染症対策における県内医療機関支援のための要望を実施

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの県内医療機関で経営が危ぶまれている状況であり、特に国の要請に応じてクルーズ船におけるウイルス感染症患者を受け入れた医療機関は、使命感をもって当時未知の感染症であった新型コロナウイルス感染症患者を受け入れていただきましたが、危惧されていた風評被害などにより、存続も危ぶまれる事態が発生しております。
 このことについては、国の責任において支援していただくべきであると考え、11月24日、自民党神奈川県連政務調査会、並びに国政連絡会として、菅義偉内閣総理大臣へ要望活動を行いました。

   ― 要望書提出訪問者 —
 自由民主党神奈川県支部連合会
  幹 事 長     土 井 隆 典(県議会議員)
  政務調査会会長   嶋 村   公(県議会議員)
  国政連絡会会長   坂 井   学(衆議院議員)
  国政連絡会事務局長 島 村   大(参議院議員)
  筆頭副幹事長    梅 沢 裕 之(県議会議員)
  政調会担当副幹事長 長 田 進 治(県議会議員)

 


島村大