文字サイズ
ホーム > ニュース > 青年局ニュース > 青年局 弁論部・12月定例会・忘年会開催しました

12月19日(土)に青年局12月定例会が開催されました。

定例会前には、関内駅において10人の青年局員が参加し街頭活動を実施。メンバー募集のビラを配布すると共に、参加者全員マイクを握り、青年局への入部を呼び掛けました。

定例会には、小此木八郎(衆議院議員・県連会長)・竹内英明(県議会議員・県連幹事長)・加藤元弥(県議会議員・県連青年総局長)・石川巧(県議会議員・三浦市選出)にもお越し頂き、ご挨拶を頂きました。

青年局講座では、『秘書とは』、『街を活性化させる土地活用』について2人の局員がそれぞれ自身の仕事経験に基づいた講演を致しました。

議事では、1月11日に実施予定の新成人街頭アンケートについて、アンケート項目の確定と当日の流れの確認を行いました。また、津々浦々企画第一弾として、2月開催予定の箱根視察に関しては、噴火の風評被害がまだ根強い箱根に局員全員で行き、実態の把握で終わることなく、箱根に観光客を取り戻すべく周囲に発信していくという想いを再確認致しました。

定例会終了後は、忘年会が開催され、一年の活動を振り返りながら和気藹々としたひと時を楽しみました。

◆弁論部

 

◆12月定例会

 

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。