文字サイズ
ホーム > ニュース > 青年局ニュース > 12月定例会&忘年会開催しました!

12月12日(土)、今年最後の12月定例会を、新規で入局して頂いた5名、オブザーバーで参加の3名の仲間、そして水島誠司(茅ヶ崎市議・茅ヶ崎市連合支部青年局長)もゲスト参加して頂き、県連にて開催しました。

冒頭、竹内英明幹事長より、先日の大成功に終わった『2009かながわ自民党青年局ゴルフ大会』と今年度の活動に対しての御礼のお言葉を頂きました。
また、嶋村公(県議・副幹事長)、榎並正剛(県議・青年総局長)、加藤元弥(県議・青年総局次長)からも今年度の活動の御礼と来年度の活動に対しての激励のご挨拶を頂きました。

“神奈川TOPICS”では、敷田博昭(県議・県連青年総局次長)による『福祉について』と題し、障害者の定義及び聴覚障害者に対しての議会での取り組みについて、当初の時間をオーバーしての熱いご講演頂きました。
また、“青年喫茶”では、越水宏文(副局長)が『議員秘書のお仕事とは?』と題し、国会議員秘書として5年間の活動を元に話しされ、人と人の関係がいかに重要であり大切なものであるかとお話しされました。
その後の議事では、先日ゴルフ大会の報告、副局長人事の承認や平成22年度の年間活動計画等を協議致しました。
また定例会後には、池田局長幹事による忘年会も開催され、来年は政権奪還と全国ナンバー1の青年局となる為にガンバローと一致団結して今年1年を締めくくりました。

なお、平成22年度の定例会は、偶数月に開催されることが決定したことから次回定例会は、
2月13日(土)13:00~県連会議室で開催致します。

激励と御礼にお越し頂いた竹内英明(幹事長)

激励と御礼にお越し頂いた竹内英明(幹事長)

激励にお越し頂いた嶋村公(県議)と加藤元弥(県議・青年総局次長)

激励にお越し頂いた嶋村公(県議)と加藤元弥(県議・青年総局次長)

来期の活動について活発な議論がなされた定例会

来期の活動について活発な議論がなされた定例会

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。