文字サイズ
ホーム > ニュース > 女性局ニュース > 女性局が常任幹事会を開催して勉強会や被災地応援活動について協議

6月25日、かながわ自民党の女性局は、隔月で開催している常任幹事会を開催して、5月5日の「児童虐待防止キャンペーン」に関し次回開催に向けての反省点の協議と、8月に党本部での開催を研検討している研修会(勉強会)に関する協議を行いました。

また、継続して実施している東日本大震災被災地応援活動に関しては、吉沢章子川崎市議(多摩区選出)の代理として出席いただいた妹の笹久保さんが、以前から「編み物(あむえこねっと)」を通じた被災地(福島県相馬市)との交流を続けておられることをお話しいただき、10月に実施する被災地訪問の行先を相馬市と決めコーディネーター役をお願いしました。

「あむえこねっと」
被災地(相馬市)の仮設住宅で生活されている方に、簡単に作れる「エコたわし」を制作してもらい、1つ500円で販売、その内訳は、材料費や送料などに200円、「あむえこねっと」の運営費に100円、そして製作者の手元には200円が残る仕組み。

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。