文字サイズ
ホーム > ニュース > 女性局ニュース > 女性議員局 児童虐待防止に関する勉強会を開催

 神奈川県内の自民党系女性議員にて構成する、女性議員局(局長:新井絹世 県議)は、痛ましい事件、実の父母が加害者となってしまうケースが後を絶たない児童虐待の撲滅を目指し、これまで幾度にわたる勉強会を開催しております。
 令和元年7月30日に開催した今回は、昨今の児童虐待の状況を踏まえ児童福祉法の一部改正が行われたことを受け、島村大参議院議員の手配により、参議院議員会館の会議室をお借りして勉強会を開催いたしました。
“子供は国の宝”女性局と協力して児童虐待の撲滅を目指します。

勉強会参加議員
局 長:新井 絹世(県議、横浜市磯子区)
相談役:小川久仁子(県議、川崎市高津区)
次 長:内田美保子(県議、横浜市青葉区)
    永田磨梨奈(県議、鎌倉市)
    高橋 徳美(市議、横浜市金沢区)
    東 みちよ(市議、横浜市鶴見区)
    寺田 弘子(市議、相模原市南区)
    布施 初子(市議、相模原市中央区)
    神田 眞弓(市議、三浦市)
    羽根かほる(町議、二宮町)
    角田 宏子(元市議)

参議院議員 島村 大(神奈川選挙区)

島村大