文字サイズ
ホーム > ニュース > 女性局ニュース > 子供たち、お父さん・お母さんを守るため「児童虐待防止キャンペーン」を実施

子供たち、お父さん・お母さんを守るため「児童虐待防止キャンペーン」を実施

“子どもは社会の宝である”というコンセプトのもと、痛ましい事件に発展するケースが年々増加している児童虐待の撲滅を目指すため、子育て相談窓口などの啓発活動として「児童虐待防止キャンペーン」と題し、平成24年より毎年子供の日に街頭行動を実施してまいりました。
そして、本年は7月1日から、児童相談所に繋がる電話番号が3桁化「1・8・9(イチ・ハヤ・ ク)」されたことを広く知っていただくため、7月5日に、桜木町駅前の一角をお借りして、第4回目となる街頭啓発活動を実施いたしました。
当日は、県内女性局約30名が厚生労働省より頂戴したチラシに、党で作製した啓発ステッカーを挟み込み、ご通行中の方々に配布。また、女性議員からは、児童虐待撲滅に向けた党の政策や「ご近所で普段と違うな・なんか変だな、と思ったら迷わず1・8・9に連絡してほしい。確証がなくても、もしかしたら、あなたの連絡で救える家族があるかもしれない」など、勇気をもって『おせっかい』を実行してほしいと訴えました。
女性局はこれからも、子供たち、そしてお父さんお母さんを守るための活動を続けてまいります。

〔参加議員〕
参議院議員「三原じゅん子」党女性局局長
衆議院議員「牧島かれん」 党女性局次長(神奈川17区)
県議会議員「小川久仁子」 党県連女性議員局局長(川崎市高津区)
県議会議員「新井絹世」  党県連女性議員局次長(横浜市磯子区)
市議会議員「輿石且子」  党横浜市連女性局長(横浜市栄区)
市議会議員「伏見幸枝」   (横浜市戸塚区)
市議会議員「寺田弘子」   (相模原市南区)
市議会議員「岩田はるみ」 党県連女性局常任幹事(茅ヶ崎市)
市議会議員「神田眞弓」  党県連女性局局長代理(三浦市)

県議会議員「竹内英明」  党県連幹事長
県議会議員「田中信次」  党県連遊説局次長

(同日、川崎市連女性局は川崎駅にて児童虐待防止キャンペーンを実施)

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。