文字サイズ
ホーム > ニュース > 女性局ニュース > 自民党の政策を女性局が街頭でアピール

5月29日、横浜駅西口(高島屋さん前)において、自民党神奈川県連女性局(局長:川口順子参議院議員)が、自民党の政策をアピールするために街頭演説会を実施し、県下女性局の方々50名ほどが揃いのTシャツを着て、ビラ配りなどに参加しました。
国・県・市とそれぞれの立場にて党の政策や現政権への批判などについて演説いたしました。
雨と言うこともあり人通りも少なく、ほとんどの方が傘を持っていましたが、それでも、足を止めて演説に耳を傾けて下さる方もありました。
司会進行は「神田眞弓」三浦市議が務め、川口順子県連女性局長を筆頭に、この夏の参院選神奈川選挙区候補予定者「小泉あきお」参議院議員(唯一の男性弁士)、比例代表候補予定者「神取 忍」さん、「つのだ宏子」さん、また「片山さつき」さんも参加、そして県内地方議員からは「小川久仁子」県議(高津区)、「吉澤章子」川崎市議(多摩区)、「岩田はるみ」茅ヶ崎市議、「新井絹世」県議候補(磯子区)予定者が、それぞれ何故今の政権ではダメなのか、自民党に期待すること、などについて熱弁。
聴衆からも「自民党ガンバレ!」のエールもありました。
政治への不信や雨の影響で、チラシを受け取って下さる方も少なかったようですが、女性局の方々の頑張りで、演説会用に県連女性局で準備したビラの大半を配ることができました。
演説会の最後には、参加した女性局の方々とともに、吉澤市議の音頭により「自民党ガンバロー」のコールで締めくくりました。
今後も定期的に女性局演説会を実施して、「女性が外に出て」党の政策などをアピールし、自民党を引っ張っていきます。

 

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。