文字サイズ
ホーム > ニュース > 女性局ニュース > 藤沢市支部女性部が講演会を開催 (平成17年11月8日(火)10:00~)

藤沢市支部女性部が「藤沢りぶるの会」として、「家庭で紡ぐ言葉の世界」と題し、講師に角田明さんを招いて第一回目となる講演会を開催しました。

今の時代は「縁」(えん・えにし)が欠けている。感受性がとても多感な幼児期にきちんと家庭で話をし、親が自分の生きざまを子に語ることが必要。まゆから糸にするのは「家庭教育」、糸から織物にするのは「学校・社会教育」である、学校に入ってからなんとかしようとしても遅い、幼児期の家庭教育こそ最も重要な教育である。

大変わかりやすい講演で、1時間の講演時間もあっという間でした。 講演後の質問も時間の都合で打ち切らなければならないほどでした。

講師:角田 明(つのだ あきら)
ちがさき教育実践ゼミナール「響の会」会長
1944年熊本県八代市生まれ。
1968年から県内の高校、中学校の英語教員として勤務。
1988年より茅ヶ崎市で指導主事、中学校教頭、小学校校長などを務め、2001年に新設開校の茅ヶ崎市立緑が浜小学校初代校長に着任。
保護者や地域住民と一体となった教育を目指し「学校グランドデザイン」を地域に発信した。

また、保護者を対象とした月例校長塾「眞心舘」の連続開催を実践。
2004年3月退職後、「ちがさき教育実践ゼミナール・響の会」会長として全国で講演中。

ホームページ http://tsunoda.web.infoseek.co.jp

当日は子育て真っ最中の方、保育施設関係の方、支部関係者、議員など60名 ほどの方々に参加していただきました。

当日は子育て真っ最中の方、保育施設関係の方、支部関係者、議員など60名 ほどの方々に参加していただきました。

josei20051110_nu

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。